AIの活用における課題と施策に関する研究会

AIの活用における課題と施策に関する研究会

 近年、AI技術が画期的な進歩を遂げ、大きな社会変革の機会をもたらすことが予想される一方、倫理、著作権、偽情報、セキュリティなどの課題も多くみられます。より良いデジタル社会実現のために、AIを活用し、新しいイノベーションや効率化を促進するために必要な政策や取り組むべき課題について幅広く議論し、情報発信や提言を行うため、CFIECの2024年度デジタル社会研究所プロジェクトの1つとして「AI研究会」を新たにスタートしました。

 AI活用に伴い、AIに対する規制の議論が世界各地で本格化しています。日本でも、少なくとも既存の規制分野(例:医療・金融・交通・インフラ・消費者保護等)でAIを用いる際には、何らかの法的規律が及ぶことに異論はないため、規制分野においてAIを利用可能にする積極的な法改正が行われています(薬機法、金融商品取引法、道路交通法、デジタル手続法、高圧ガス保安法、割賦販売法など)。しかし、具体的にどのような条件を満たすAIであれば法定の基準を満たすのかについての議論は道半ばです。また、社会的インパクトが大きい一方でリスクの全容が解明されていない生成AIについても、日本を含む各国で規制の議論が行われています。

 研究会の1つのテーマとして、医療・金融・交通・インフラ・消費者保護・生成AIといった分野ごとに、
①どのようなAIシステムについて認証やライセンスが必要とされるか
②認証やライセンスは何を対象にどのようなプロセスで誰が付与すべきか
という観点から、各国の制度や議論の動向を分析し(研究のフェーズ1)、上記の調査・分析を踏まえ、我が国としてあるべきAI活用の姿(何をどこまで分野横断的に適用できるか、何については分野ごとに特化させる必要があるか)や異なる国家間協力の可否についての全体像を描き出すこと(研究のフェーズ2)を検討しています。

主査及び参加委員 (敬称略。役職等は2024年4月研究会発足時のもの)
主査:羽深 宏樹(特任教授/国立大学法人京都大学大学院法学研究科・弁護士)
委員:稲谷 龍彦(教授/国立大学法人京都大学大学院法学研究科)
   落合 孝文(弁護士・プロトタイプ政策研究所長/渥美坂井法律事務所・外国法共同事業)
   杉村 領一(チーフ連携オフィサー/国立研究開発法人産業技術総合研究所情報・人間工学領域)
   高橋 久美子(研究員/株式会社三菱総研社会インフラ事業本部リスクマネジメントグループ)
   富安 啓輔(副所長/株式会社FRONTEO行動情報科学研究所)
   西山 圭太(客員教授/国立大学法人東京大学未来ビジョン研究センター)

第1回会合 
2024年4月1日 13:00-14:30
加藤幹之CFIECデジタル社会研究所長より、「4月1日付CFIECデジタル社会研究所の発足」についての説明を行い、その後、羽深宏樹主査からのAI認証とライセンス諸外国動向調査実施についての提案、に対する質疑応答を行った。参加委員からは、調査実施への期待が示される一方、調査対象国及び対象分野選定の方向性について、さらに調査結果分析の結果をもとに、その背景や隠れた戦略まで掘り下げて追究すべきことについて、ご意見をいただいた。